2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11











スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

因島を2倍楽しむ旅リターンズ 

この男、天下無双。
世の中凄いなって思う人やカッコイイなあって思う人は沢山いる私ですが「尊敬」となると凄く少ないです。。そんな無礼な私ですが今まで「天下無双」と思った方が一人、孫子です。

正確には「孫武」といい孫子というのは兵法書の名前という事を知る人は少ないと思いますが孫武はその作者といわれています。

その13編に渡る兵法書は軍略だけでは無く、私の人生観においても非常に影響させられるものがあります。(私も全て目を通してはいませんが(^^;)

本来、天下無双とは「二つとない」事を意味していますがこの因島に来てその孫武に匹敵する人物が現れました。

本因坊秀策という男です。囲碁漫画でも有名な方ですね(私は知りませんでした。)

秀策は江戸時代後半因島に生まれ、囲碁の才覚が認められ毛利家の庇護を受けて当時囲碁の家元筆頭である本因坊家に入門します。
その後20歳で本因坊家の養子となり跡目を継ぎ、御城碁で19戦無敗の記録を打ちたて34歳の若さでコレラで他界します。

棋聖と呼ばれたこの男は人格的にも優れ、当時流行病だったコレラに罹った方々の看病に。。
本因坊家跡目に何かあっては大変だと止める者の言葉に耳を貸さずひたすら病人の看病をするのですがそれで感染してしまい命を落としてしまいます。

秀策の看病の甲斐がありコレラで亡くなった本因坊入門者は皮肉にも秀策ただ一人だったといいます。

その秀策の座右の銘に「囲碁十訣」というのがあります。

1、不得貧勝(むさぼり勝とうとしてはならない。)

2、入界宜緩(敵の境界に入るには穏やかであれ。)

3、攻彼顧我(敵を攻めるには味方をかえりみよ。)

4、棄子争先(石を捨てて先手を争え。)

5、捨小就大(小を捨てて大に就け。)

6、逢危須棄(危機になれば棄てることが大事である。)

7、慎勿軽速(足ばやでありすぎないようつつしめ。)

8、動須相応(敵が動けば対応しなければならない。)

9、彼強自保(敵が強ければ味方を保て。)

10、勢孤取和(勢力が孤立しているときは和をとれ。)

「この尊敬に値する素晴らしい人物を巡ってみたい。」そんな衝動に駆られ産卵セットは後回しです(^^;
早速自転車で~go!!

でもその前に「腹が減っては戦は出来ぬ」(これも孫子です。。)

080216_1143~01


因島に1店だけある回転寿司「すし丸」♪
前にセルフうどんでやられてますからねえ・・・あんまり期待してませんよ・・・
最初にサーモンを食す。。でも(汗)。。美味い!!

080216_1148~01


やっぱり因島に来たら蛸だよねえ。。。これも美味い!!

その後中トロ、イカ、炙りサーモン、鮪のたたき、また活き蛸、甘エビ、いくらを食しお腹いっぱい。。。安いしネタは大きいしシャリはいい具合にほぐれるし、やるな、若造!!
私は築地や銀座にも食べに行きますが江戸前は細くて物足りない。。。ここは私の寿司ランキングでは3つ星です(笑)いや、マジ。。。機会があれば入ってみて下さい♪
さあ、帰る???じゃなくて秀策でしょ。。。(はい)

080216_1231~01


ほら自転車でしょ(笑)ここは秀策の生誕地、今は神道系の建物になってます。。主は秀策と同系の桑原氏のようで記念館にもなってますが高齢らしく(ある住職婦人談)ほとんど開いてませんし、電話もしましたが不在です。。
ではお墓参りでもして帰りましょうかあ。。。そしたら今日のUPにも間に合うし(^^;

080216_1256~01


生誕地から少し離れたお寺に彼の墓がありました。
これほどの男。。。もう少し大きい墓を作ってあげればいいのに。。。
ちなみに一番見晴らしのいい高台には村上家の家紋の入った大きなお墓が建ってました。
皆さん、安らかにお眠り下さい。
[ 2008/02/16 15:27 ] 旅ネタ | TB(0) | CM(8)

しかし歴史ヲタクですねえ。誰もついて来れないでしょこの記事は(^_^; アハハ…私が近年感動したのは志賀昆虫社の「志賀卯助」さんですね。
[ 2008/02/16 18:38 ] [ 編集 ]

こっちもこんばんは(笑)

やっぱりついてこないですよねえ(^^;ジジ臭い(笑)投資をして長い間好成績を収めてる方のほとんどは孫子に目を通してますねえ。。志賀さん今度ググってみます♪
[ 2008/02/16 22:40 ] [ 編集 ]

う~ん、聞いたことがないっすなぁw

三国志でしょうか?それなりの知識を持ってるはずですが、ついていけませぬw自分もかなりヲタってるんですけどね。

自分の尊敬する人は、やっぱ諸葛亮ですね。そういえば今東京富士美術館で、三国志展やってますね。赤壁の戦いで使われた矢じりが来てるとか。東南の風が来ることを確信していた臥竜孔明、知れば知るほど偉大な人です。

[ 2008/02/17 01:00 ] [ 編集 ]

kuwakozouさん、おはようです。。

孫子の作られた時代背景は春秋戦国後期ですので紀元前の頃ですね。。学校では教えてくれないので知らないのは無理もありません。。私も社会人になってからです(^^;その後、項羽と劉邦の時代で知られる前漢、そして後漢、三国となり諸葛亮は孫子の600年後位に出てくる軍師ですね♪私も好きですよ諸葛。。その諸葛も孫子の影響を受けている一人です。その他には武田信玄、山本勘助、竹中半兵衛、ナポレオンに毛沢東さらにはビルゲイツまで孫子を読み影響を受けたと言われています。日本が国家として機能する前に書かれた書物にしては凄すぎですね♪
ちなみに中国には諸葛の子孫だけで構成されている村があるそうです。。こう書くと中国ひいきのように思われるかも知れませんが正直あの国自体はよく思えません。
[ 2008/02/17 10:05 ] [ 編集 ]

えりだんさん こんちゃ^^

えりだんさん!因島を満喫していますねェ^^
新天地の歴史巡りは楽しんでしょうね♪

σ^^;、歴史が苦手で
回転寿司ネタ以外はついていきません^^;
[ 2008/02/17 15:22 ] [ 編集 ]

まんじさん、こんばんは♪

はい!満喫してます・・・が・・・そろそろ回りつくした気配がします(^^;
寿司美味かったですよ♪新鮮なネタって感じで舌触りが違いましたもん。。甘エビなんか120円でもっととっていい!!
[ 2008/02/17 21:28 ] [ 編集 ]

え~遅れました。土日は会社が休みですので、この記事は飛ばしてしまいました^^;

秀策の碑ですね。やはり行きましたか~^^
(水軍城のおまけ?)
自分も実はマンガの影響なんですけどね^^;
孫子、兵法、いいですね~。宮本武蔵も影響をうけてませんでしたっけ?(違ったかな?)
諸葛亮、いいですね~。諸葛村、知ってます。以前TVでやってましたね。
三国志では私は超雲子龍が好きですね。
横山光輝さんの全60巻を友人が持っていて、けっこう嵌ってましたね。
[ 2008/02/22 12:37 ] [ 編集 ]

ち・ゆ・りのパパさん、こんばんは♪

行ってきましたよん。。おまけじゃなくてここだけ(笑)
漫画の影響ですかあ。。。私はここに来るまでただの囲碁の強い人って認識しかなかったんですけど調べてみたら尊敬出来る人でした♪
武蔵も影響を受けた人ですねえ@孫子。。
三国志では諸葛亮ですかねえ。。。何でかと???
名前が一緒だからです(^^;かなり負けてます・・・
[ 2008/02/22 18:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eridann.blog104.fc2.com/tb.php/147-fa06cde1























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カウンター skyticket 予約宿名人 サーバー・ホスティング 父の日・ギフト・花束・母の日 旅ポケドットコム