2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09











スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ミヤマは卵でも越冬するか? 

今日の関東地方は涼しかったですね。
最近昼休みに「はぜ釣り」に付き合わされてますがまだ2日で2匹しか釣れません。。しかもダボハゼなもんで逃がせとの指示。。

今年のこの暑さではミヤマ産卵はかなり苦戦してそうです。
自然界にはクーラーがある訳ではなく、いくら日の当たらなく放熱性に優れた森林でもさすがに暑かったのではないのでしょうか?

去年の我が家ではミヤマは恐らく10月中頃に産卵したと思われる卵がいくつかあり割り出し時にそのまま黒土に水分を含まして土中に戻しました。

何故なら「ミヤマの卵は越冬する」との記事を見た事があったからです。

卵のまま3ヶ月もいるなんて信じられませんでしたが敷島産のミヤマは3頭しか割り出せずワラにもすがる思いだったからです。

今年のゴールデンウイークに再度割り出すと2頭の初令幼虫が産卵木の欠片の中にいたのです。

そのうちの1頭は★になりましたがもう1頭は3令初期です。
いったいどのような仕組みになっているのでしょうか。
産卵時期にも関係するのでしょうか?

「ミヤマは卵のまま越冬する」
私個人は科学的根拠も何もないのですが越冬すると思います。
今年は産卵したのかそれともまだしてないのか。この発泡スチロールの中は伺いしる事はできませんが・・・
どなたかが科学的に立証される日が一日でも早くくるといいです。


ってか越冬するはずないじゃんって道もありますが・・・


happou.jpg

[ 2007/08/23 21:16 ] 国産ミヤマクワガタ | TB(0) | CM(13)

ち~ッス!

えりだんさん こんばんは~
ミヤマ卵の越冬は興味深いですね~。
確か卵には越冬条件があったと思います。
これは野外生体の話だったかな?間違えていたらゴメン。

野外の♀は季節に敏感らしいです。
外気温が低下しだしてからの産卵には
卵内の越冬用タンパク質が多いような?
ブリードでも温度管理をしないと同じ現象が?
これはオオクワの話ではなく、国産種のオオクワ以外のクワガタの話かな?

むかし何かで調べたような?聞いたような?気がします。
条件の一つをは、先ほど書いた♀の季節感。
他には越冬中の加温禁止だったかな?
加温をした場合には温度維持が必要?
すみません。あんま覚えていません。
てか、何のクワガタの話かも覚えていません。

雑談を長々と書いてみました。
[ 2007/08/23 22:29 ] [ 編集 ]

いえいえ。。

MKWJPさん、こんばんは。
雑談ではなくとても参考&説得力のある意見でした。
ますます検証したくなりますがその前に爆産が先です♪
[ 2007/08/23 23:37 ] [ 編集 ]

こんばんは

「ミヤマが卵で越冬する」という話、自分も聞いた事があります。
卵はあぁ見えて意外と丈夫ですし、
グラシロの様に3ヶ月~半年卵で居る様な虫も居る位ですからね…
[ 2007/08/24 00:11 ] [ 編集 ]

そうなんですか!?

卵で越冬、、、すごいなぁ
[ 2007/08/24 07:14 ] [ 編集 ]

初めまして! こなたロスといいます。

お!それは秘伝の冷室ですね。
断熱シートが張ってありとても断熱性もバッチリ、
かつ格好良いと思います。

この暑すぎる日本の夏はエアコンでは限界もあるので是非簡易冷室が不可欠でしょうね


僕は普通種はエアコンで涼しくしていますが、
ミヤマの専門部屋を別には作れないので、発砲スチロール法にしたがって低温でミヤマを飼ってみようかなと思っています。
[ 2007/08/24 13:38 ] [ 編集 ]

刹那さん、こんばんは。
刹那さんも聞いたことありますか!!
やっぱり私の予想通り越冬卵あるみたいですね。
「ミヤマ掘るバカ、○○ほらぬバカ」というのは聞いた事あります?
それにしてもグラシロ・・・凄い・・・

翔さん、こんばんは。
凄いでしょ。。ミヤマは翌春まで解らないんです☆

こなたロスさん、はじめまして。
考え方自体は筑波国立研究所の方の飼育方法を参考にしましたがフタは秘伝(笑)です。
実はこの部屋・・・冷房なしです(^^;
[ 2007/08/24 21:49 ] [ 編集 ]

ちゃ~ス

えりだんさん こんちは ちゃ~ス です。
思い出したので書きます。もちろん卵のことっス。

オオクワの話で申し訳ないのですが、参考で書きます。
冬眠タンパク質は、卵や幼虫で確認がされています。
幼虫に関しては、私のHPのどこかに書きました。たぶん?
卵時の冬眠タンパク質は、自己生産ができないため
加温してしまうと、孵化までもっていく必要があります。
これは幼虫でも同じです。詳しく書くと長いのでパス。
( 幼虫は活動期間中に、このタンパク質を蓄えます )

個人的な考えでは
今時期の天候は変化が激しいです。
通常の常温飼育では、チョット冬場は危険かな?
冬でも暖かい日がありますからね。これはNGかな?

いかがでしょうか?
外気温が低下してきたら、温度が上がらないような管理は?
例えば、発泡スチロールに卵入り容器を入れ、周りに水を張る。
水には凍らせたペットボトルを入れる。
(繰り返し使用可の経済的)

これで急な温度変化にも対応可能だと思います。
春先などに常温飼育にすることで安全だと思います。

ま~ひとつの手段ですが。
[ 2007/08/25 00:10 ] [ 編集 ]

MKWJPさん、こんちは。

恐らく地方出張中は暇なので出来そうですがこっちにいる間は無理です(^^;
それにしても「温度を制する者は昆虫を制す」って感じですね。

ちなみに北海道ミヤマが今朝2頭とも★に・・・
能勢産はさすがに元気。。
傷のない69mmを標本に決定しました。
早速、標本セットを利用しお湯につけて取り掛かってます。
1週間後にはブログにUPできそうです。
[ 2007/08/25 11:53 ] [ 編集 ]

help

卵の越冬ですかぁ~
本当ならすごいですね。
低温種のミヤマだから可能なんでしょうね。
たぶんオオクワではできないでしょう、多分。


それで、ひとつ質問があります。
国産ミヤマのセットでクーラーボックスで25度以下をキープしているほうなんですが、柔らかくて太いカワラ材をつかったせいか削っているようです。
これって期待できるのでしょうか?
3つにスライスしているのでオオクワのように派手に削っているわけではなさそうですが・・・
[ 2007/08/25 17:11 ] [ 編集 ]

ゴンタさん、こんばんは。

ミヤマの♀は埋め込んでる産卵木をカジッた後に産卵モードに入る固体が多いようです。
「ミヤマは材に産卵する訳じゃないので産卵木を入れなくてもよい」という方がいますが私は入れる事を推奨しているのはこの為です。
我が家のケルブスも産卵木をかじった後(木屑)がありますがやはり実際の幼虫を目にするまでわかりません。
期待は出来ると思いますが幼虫を見るまではそのままにしておいて下さい。
[ 2007/08/25 21:05 ] [ 編集 ]

なるほど~
ミヤマが材削っていたのでびっくりしました。
しかもどこかでミヤマが材に産むって宣伝がありましたし。
ではこのまま放置しますね。
産んでいるといいんですが・・・































[ 2007/08/25 22:34 ] [ 編集 ]

卵で越冬?

卵での越冬するんですか、初めて知りました。
うちのミヤマ、未だにセットしてません。(^^;
手が回らなくて…。w
[ 2007/08/26 00:43 ] [ 編集 ]

海行ってきまする。

ゴンタさん、こんちは♪
正確には材の表面に産むが正しいのかもしれません。
私の割り出し経験上、産卵木からは卵を発見した事はないですから。
私の推理をブログに書いてみよっかな。。
ミヤマはとにかく割り出して見るまでわかりません。
楽しみにその時を待ちましょう☆

みすてぃっくさん、ちわっす♪
うちではミヤマの季節は終わる寸前です(^^;
手伝いに行きたいくらいです(笑)
[ 2007/08/26 10:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eridann.blog104.fc2.com/tb.php/61-b6fb6e64























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カウンター skyticket 予約宿名人 サーバー・ホスティング 父の日・ギフト・花束・母の日 旅ポケドットコム