2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08











スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

恥ずかしい話・・・(汗) 

4月後半、GW休みを貰い自宅に帰った時の話である。
悪石島産トカラノコのビン交換を3月に済ませた私は佐賀産オオクワと愛知産WWのビン交換をする前に愛知産ホワイトアイの産卵セットの確認をした。
あるネット飼育情報に「8月位に産卵木から幼虫を割り出したらまた2本位産卵木を入れておいて下さい」と書いてあった為、入れた産卵木で硬くて割れなかった物があった。
でも勇気を出してその木の半分位は割ったんですよぉ(笑)
残った半分は「多分1,2頭は入っているだろう」とまたマットの中に埋めておいた。

セットから取り出し材を割る時は出来るだけ手で割ろうとする。
以前、トカラの割り出し時に2頭位潰してしまった為怖くてたまらない(笑)
産卵材は崩れるほど柔らかくはないがそれなりに手で割れそうだ。
割って見ると1、2頭どころではなく5頭出てきた(汗)
全て2令幼虫で冬を越したようである。
「ああ、菌糸ビン5本追加ああぁぁ・・・」そう思いながら近くのペットショップに菌糸瓶を買いに行った。

G-POTの他に今回このホワイトアイにはブログにもある大夢を使う事にした。
大夢にはオオヒラタケ菌糸の「大夢B」とカワラタケ菌糸の「大夢K」とありそれぞれウェイヴ(標準)、コース(超粗目)とあり大夢Bのみキッス(中粗目)がある。
さらに大夢Bには店舗販売のみの「大夢B PROSPEC」があり私が購入したのは大夢Bプロスペック500ccだ。(素人の癖に・・・)本当は800ccを使うべきだろうが予算の都合で・・・(^^;
まず感じたのは硬いという事。しっかり詰まっていて他の菌糸ビンよりも綺麗に菌が回っている感じだ。
以前、ニジイロクワガタに使った時と同じ硬さで商品にバラツキがないのだろう。
幼虫投入穴を掘るのにも一苦労する位の硬さだがこの菌床でもオオクワ80mmオーバーが出ているらしく大夢Kでは第6回BE-KUWAギネスローゼンベルグオウゴンオニクワガタのブリードにも使用されているようだ。
オオヒラタケ菌で長持ちのこの菌床。次回交換時には800cc、いや、1400ccをこの俺に用意させてくれ!!
[ 2007/05/17 15:57 ] 菌糸ビン | TB(0) | CM(2)

リンクの件

こらは、リンク致しましたよ、宜敷くお願い致します。
[ 2007/05/17 21:44 ] [ 編集 ]

リンクありがとうございます。早速させて頂きます☆
これからも遊びに行きますので宜しくです☆
[ 2007/05/18 11:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eridann.blog104.fc2.com/tb.php/8-4eb8886a























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カウンター skyticket 予約宿名人 サーバー・ホスティング 父の日・ギフト・花束・母の日 旅ポケドットコム