2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11











スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

記憶に残るシーン 

今年のプロ野球も無事中日ドラゴンズがアジアを制覇し世界一の野球国として面目を保ったと言ったところでしょうか。

そして多くの有名選手がプロの選手生活にピリオドをうち新しい生活へへと旅立って行きました。

私は阪神タイガースファンですがプロ野球も好きです。。っていうかサッカーも好きだしバスケットも(^^;
まあ、小、中、高とこれらのスポーツに明け暮れた体育会系なんでそれも当然ですよね。。
まあ、話を戻して選手の引退試合で一番記憶に残ったシーンはヤクルトの鈴木選手。

埼玉県越谷市出身(私と一緒)で浦和学院で甲子園に出場した彼は卒業後、西武ライオンズに入団。
その後ヤクルトに移籍したが今年引退となった。
その最終打席はストレートしか投げない横浜ベイスターズの横山投手からファウルで粘り続けた。
せっかくストレートばかり投げてくれる横山投手に申し訳なさそうな表情を浮かべて。

途中3塁線に上がったファウルを三塁手の村田はわざと捕らなかった。
そして15球目のストレートをセンター前に運んだ。
この思いやりの溢れるプレーには賛否両論だったが私はその思いやりに心を打たれました。

不思議なめぐり合わせはベイスターズの村田選手。
広島カープの佐々岡投手も今年引退だったが最後はやはりストレートを投げたかったらしい。
私も中学時代はピッチャーだったのでその気持ちはよく解る。
大好きな野球を辞めるときの最後のボール。。
ストレートを投げて気持ちよく終わりたいですもん。。

そのときのバッターは村田選手だがその佐々岡の懇親のストレートをスタンドまで運んでしまった(^^;
これも賛否両論だが私は村田選手を攻めない。。
それは試合後、佐々岡投手に謝りに来た村田選手の頭をなでる佐々岡の表情を見ればわかると思う。

それにしても勝負の世界でもこのような思いやりには目頭が熱くなる。
さて、今日は浦和レッズのアジアチャンピオンをかけた試合がある。
勝っても負けても精いっぱいやってほしいです。
[ 2007/11/14 18:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

えりだんさん こんちゃ^^

日本の野球は1歩先を行っていましたが、
どっこい!いい試合してましたね^^;
アジアのレベルも上がってきました。

日本メジャー選手の活躍が来年も見られるといいですね^^
[ 2007/11/15 16:37 ] [ 編集 ]

まんじさん、こんばんは。
確かに韓国、台湾は強くなってきました♪
アジア全体のレベルが上がればメジャー一辺倒の情勢も変わってくるかもしれませんね☆
[ 2007/11/15 18:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eridann.blog104.fc2.com/tb.php/98-34d09259























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カウンター skyticket 予約宿名人 サーバー・ホスティング 父の日・ギフト・花束・母の日 旅ポケドットコム